群馬県では、今年度より公立高校前期選抜に、学力検査が導入されました。

各教科の問題を見ますと、

数学は教科書の基礎問題がきちんと理解できれば解ける問題で、一ひねりされたものはありませんでした。

英語は教科書に出てくる単語が分かり、会話文や長文問題もありましたが、後期選抜をコンパクトにしたような問題でした。

国語は漢字、ことわざ、語句、文法と知識問題は比較的易しく、文章問題についても、日頃から設問をよく読み答える訓練が出来ていれば問題無い内容でした。

来年度受験を向かえる中2生そして中1生は、まずは学校の勉強のひとつひとつを丁寧に学習することが大切です。

英語の単語はその都度覚える、数学も計算は途中式をきちんと書き正確にとくなどです。

後期選抜に向けては、新たな問題を解くのではなく、これまで解いてきた問題を繰り返し、問題を暗記するくらいにすり込む勉強をするといいでしょう。

体調を崩さず最後まで悔いなく頑張りましょう。